PHPのバージョンを上げたら遅くなった件の顛末

7月に、PHPのVerをあげたら( 5.2.17 ⇒ 7.3 )、レスポンスがかなり悪くなりまして、バージョンを戻したらレスポンスも戻ったという記事を書きましたが、その後を書かずに放置しておりました。

今更ですが、その後と顛末です。

まず、駄目もとで、レンタルサーバーのサポートに問い合わせてみましたが、WordPressのサポートはしていないとおっしゃりつつ、一般論として、

・広告を表示するための プラグインとして「Ad Inserter」と「Advanced Ads」の両方が インストールされている。
・上記の広告表示の処理が混合しているため、レスポンスが悪くなっている。
・どちらか一方にすることで改善される可能性がある。

との事でした。 まあ、プラグインはダブって入れてますが、PHPのVerを上げるまでは遅くなくて、上げたら遅くなって戻したら速くなったので、それはないだろうと思いつつ、PHPのバージョンを下げたら解消したので放置しておりました。

せっかく調べて回答くださったのに、申し訳ありません。<(_ _*)>

それから暫くして、「WordPressのバージョン上げなさい」というお便りが来まして、上げるためには「PHPのバージョン上げないと駄目よ」といわれたものですから、もういいかって、PHPのバージョン上げて、WordPressのバージョンも上げて、ついでに プラグインも「Advanced Ads」だけにしたらレスポンスは悪くなりません。

本来なら、ひとつずつやって、レスポンスを確認しつつやるんでしょうけど、面倒なのでえいってやって、結果オーライだったものですから、ブログの記事としてはつまらない結末になってしまいました。

( 2019.12.12 )

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。