卸組織コードの自社コードへの変換

JD-NET、NHIなどの実消化データには、卸の組織コードが設定されています。

これは、それぞれの卸のコードですから、コード体系はまちまちです。

  • 支社-営業部-支店-営業所-営業課
  • 支店-営業課

4大卸のような全国展開する組織もあれば、特定の県で営業展開する小さな卸もありますから、当然でしょう。

コードの桁数、表現している組織階層の数も異なりますから、製薬会社側のシステムで、体系的に卸組織別実消化データを捉えるためには、統一されたコード体系に変換する必要があります。

また、製薬会社としては、卸組織の細部まで特定する必要がないケースもあります。卸と製薬会社の間で進捗を管理する最小粒度で設定されればよいということになります。上図の例では、青森営業所まで特定できれば、その下の課を特定する必要はないという事になります。

2019.9.2

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です